住宅ローンの審査は厳しくなっている?

住宅購入を検討されている方も多いと思います。
購入に当たりまず必要なのは新生銀行や住信SBIネット銀行住宅ローンが提供しているフラット35です。
住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
住信SBIネット銀行住宅ローンが提供しているフラット35には金利・審査・諸費用がかかります。
審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。
金利の決定は契約を結んだ月の金利になります。
諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。
住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの事をクリアして行かないといけません。
一般的には3?4カ月かけて契約が完了します。
マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。
次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。
400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。
また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。
全て確認して条件を満たしているという方は、今一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。
問題なく融資を受けられるように今から準備をしておきましょう。
住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。
何があるか分らないので、把握しておきましょう。
第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。
私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。
勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。
注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、優先順位を考えて行動するようにしましょう。