ショッピングローンをまとめたいなら審査に通る必要があります。

ショッピングローンをまとめたいという人、実は増えています。クレジットカードのリボ払いは実は利息でかなり損しているので、おまとめローンにしたいなと希望する人もいます。

銀行系消費者金融のアコムにはアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなく貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類などはアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントなど、初めてアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。特にリボ払いをおめとめしたいという人が近年増えているということを聞きました。

リボ払いとは、高額なショッピングをしても、クレジットカードで手軽にリボ払いでき、しかも、店舗で一括払いにした後でも、インターネットや電話でリボ払いに変更ができるので、クレジットカードユーザーに人気のサービスになっています。

ただ、クレジットカードのリボ払いは、びっくりするくらい利息を払い続けることになるので、後から失敗したと感じる方も多いようです。そのような人が、クレカのリボ払いをおまとめローンで借り替えたいと希望するのだそうです。

引用:http://www.urbanwallflower.com/bank/ribo.html

プロミスやアイフルなどではリボ払いをおまとめローンする人も多いようです。リボ払いからおまとめローンを利用して、ショッピングローンをまとめたい人は、まずは審査に通ることが一番です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンの審査落ちした人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。ショッピングローンをまとめたいなら審査に通らないとお金を借りることはできません。

アコムやプロミスなどのおまとめローンでリボ払いをまとめる時には、金利にも注目しましょう。また審査が不安なら、簡易審査をうけてみましょう。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。